|
静環検査センター

会社概要
品質保証
リクルート
サイトマップ
プライバシーポリシー
ホーム

株式会社 静環検査センター
HOME事業内容環境アセスメント

環境アセスメント

地域の住環境・自然環境の将来像と、「人々が健康で快適に暮らすことができる地域づくり」を提案し、人が人らしく生活できるまちづくりに協力しています。

環境アセスメント

環境基本計画環境教育

当社は、それぞれの環境要素(大気質・騒音・振動・交通条件及び悪臭など)や自然要素(動物・植物・生態系及び地形地質など)の調査計画から調査・監視その結果に基づく予測・評価までを行っています。

計画立案から予測評価まで

当社は、各自治体における条例に係る大規模な開発行為やそれに係らない小規模な開発行為、また、地域住民の環境負荷を把握するための生活環境調査など、規模の大小にかかわらず、あらゆる開発行為に伴う環境に対する負荷の検討、その予備対策案の呈示を行っています。また、その取り扱い業務は多岐にわたります。

計画立案から予測評価までの図

現地調査

大気質調査
当社は、豊富な機材や人材により大規模な調査まで行っています。
また、窒素酸化物や浮遊粒子状物質などの自動計測を用いた調査の他に、各種エアーサンプラーによりダイオキシン類や重金属など、機器分析を用いる調査も行っています。

騒音・振動調査
当社は、環境における騒音・振動調査は当然のことながら、道路、鉄道、工場など多種多様な状況における調査や騒音振動のレベルから、周波数分析やFFTを用いたフーリエ解析なども行っています。

動物・植物調査

  • 植物相調査
    地域の植物相を正確に把握し、貴重な植物種の分布を現地調査で確認致します。
  • 植物群落調査
    地域の代表的な植生を現地調査した後、 植物社会学的見地からその特性を把握し、現存植生図をGISにより作成致します。
  • 毎木調査
    ある面積に存在する立木の樹高、幹周(胸高直径)を計測し、材積量を算出致します。
  • ほ乳類調査
    短期間での地域ほ乳類相の把握は至難ですが、様々な手法を組み合わせて、その解明に最大限努めます。
  • 鳥類調査
    地域の鳥類相を季節ごとに把握し、貴重な鳥類の生息・繁殖を現地調査で確認致します。
  • ワシタカ類調査
    地域に生息するワシタカ類の行動圏、並びに繁殖状況を現地調査で確認し、その現況をGISにより解析致します
  • は虫類・両生類調査
    地域のは虫類及び両生類相を季節ごとに把握し、 貴重なは虫類及び両生類の生息・繁殖を現地調査で確認致します。
  • 昆虫類調査
    地域の昆虫類相を季節ごとに把握し、 貴重な昆虫類の生息・繁殖を現地調査で確認致します。
  • 水生動物調査
    地域の水生動物相を季節ごとに把握し、貴重な水生動物の生息を現地調査で確認致します。
  • その他の動物調査
    蘚苔類、地衣類、キノコ類、陸産貝類、クモ類及び多足類等についても、必要に応じて現地調査を実施致します。

交通状況調査
当社は、大規模な交通量調査から、複雑な信号現時、旅行速度、車両走行速度、渋滞長など道路交通に係る様々な調査を行っています。

低周波空気振動調査
一般に人間に聞こえる「音」の周波数は、20〜20,000Hzとされています。それより低い周波数を超低周波音、高い音を高周波音などと呼んでいます。(自治体や研究者などによって呼び方に違いがあります。)
その中で、0〜100Hzの「音」のことを通常低周波空気振動と呼んでおり、この範囲の周波数はレベルが充分に大きくなると不眠、頭痛など人体に影響が生じます。主な発生源は、高速道路などの高架道路、航空機、工場のファンなどがあげられます。
当社は、低周波空気振動の全体のレベルの測定から各周波数におけるレベル解析を行うことにより発生源の把握及びその対策検討に至る業務を行っています。

地下水調査
当社は、工場の揚水などによる地下水位の低下やそれに伴う地盤沈下などの調査計画の立案から、調査の実施、調査結果に基づくシュミレーションを行っています。

土壌調査
当社は、平成15年2月に施行された「土壌汚染対策法」に基づき、土壌汚染の可能性のある土地における土壌の概況調査から詳細調査に至るまでの企画立案及び調査分析を行っています。

地形地質調査
当社は、GISに早くから取り組み、現地の調査航空写真から判読したデータをGIS上のデータベースに表し、より早く正確に、また、きれいで分かり易い成果を作成しています。

環境基本計画

環境アセスメント環境教育

地球環境問題や有害化学物質など、環境に関する問題は、空間的・時間的に広がりを持ったものへと変化し、その緊急性が高まってきています。しかし、これらの地球規模の問題も、生活者や事業者の、一人ひとり、一つひとつの行動に起因しています。したがって、環境問題への取り組みは、いかに小さな単位での取り組みを、積み重ねていくかということが重要です。

環境問題に対応し、また地域の財産を活かしたまちづくりを進めることで、個性ある、魅力的な地域を確立させていくことが求められています。
市町村合併も、地域独自の施策を展開し、その地域独自の魅力を作っていく上での大きなステップです。地方公共団体に求められる役割は、これまで以上に重要となってきていると言えます。
環境基本計画は、地域の財産を活かし、環境課題を解決するための取り組みと役割分担・スケジュールを定めるものです。私たちは、財産・課題探しから、取り組みの検討、計画推進への協力と、全面的にサポートし、 魅力的な地域づくりに貢献致します。

環境基本計画図

意識調査による地域特性の把握と施策検討

環境基本計画から派生する実行計画についても、策定・実施をサポート致します。

一般廃棄物処理基本計画(廃棄物処理法第六条に基づく計画)

市町村合併や新規処理施設の整備など、廃棄物に関する状況が変わる場合、その変化に対応した計画づくりが求められます。
まずは、地域から出るごみの減量と資源化を進め、その上で出たごみの適切かつ効率的な処理を行うことが必要です。また、事業者から出る一般廃棄物・産業廃棄物の適切な処理について、方針を定め、体制を整えることが必要となります。私たちは、ごみ減量・リサイクルに向けた施策の検討、廃棄物の発生量予測、適切かつ効率的な処理に向けた提案等、 総合的な計画づくりに貢献致します。

地球温暖化対策の実行計画(地球温暖化対策推進法第八条に基づく計画)

地球温暖化対策は、取り組み始めるのが遅くなればなるほど、より厳しい、急激な取り組みが求められるようになります。今から、出来ることから始めることが重要です。法律で求められる事項(排出量、目標、取り組み項目)の他、住民・事業者も含めた温暖化対策について、 検討・実施のお手伝いを致します。

環境教育

環境アセスメント環境基本計画

地域において環境リーダー・環境市民を育成することが、地域から環境を変えていく上では不可欠です。

イラスト

環境と環境問題を身近なものとして気づき、考え、行動する。そのような環境市民を育成するためには、あらゆる人に、あらゆる機会を通じて、様々な環境に関する普及啓発活動を展開する必要があります。私たちは、そのための実施計画の策定や、実際の環境学習会の立案・プログラム・実施まで行います。


【環境学習のテーマ等】
イラスト

イラスト

関連する取得許認可

  • 建設コンサルタント登録
    建28第8692号[道路部門、廃棄物部門、建設環境部門]
  • 測量業登録
    登録第(2)-30701号[測量法に基づく測量業者としての登録]

前のページへ戻る | ▲このページのトップへ