|
静環検査センター

会社概要
品質保証
リクルート
サイトマップ
プライバシーポリシー
ホーム

株式会社 静環検査センター
HOME事業内容作業環境・室内空気

作業環境・室内空気

作業環境

室内空気はこちら

有機溶剤や特定化学物質を製造又は取り扱う屋内作業場、粉じんが著しく発散する屋内作業場を有する事業者は、労働安全衛生法に基づき作業環境測定が義務づけられています。当社では専任の作業環境測定士が、現場測定ポイントのデザインから採取報告まで一貫して実施しています。又、法令等の新しい規制に伴う測定ニーズにも素早く対応致しますのでご相談下さい。

環境大気・悪臭に関する詳細はこちら

アスベスト(石綿)分析 〜空気中の石綿粉じん濃度〜
労働安全衛生法(石綿障害予防規則・作業環境測定法)及び大気汚染防止法に係る、アスベストの測定・分析に対応をお考えの方
詳しくはこちら

調査・分析事例

作業環境測定を行うべき作業場の調査・測定
以下の有害物質を利用している作業場は調査・測定する義務があり、その結果を記録しておかなければなりません!
  • 粉じん:土石、岩石、鉱物、金属または炭素の粉じんを著しく発散する屋内作業場
  • 鉛:一定の鉛を取り扱う屋内作業場
  • 化学物質:特定化学物質(石綿・金属類を除く)を製造しまたは取り扱う屋内作業場
  • 有機溶剤:第1種有機溶剤または第2種有機溶剤を製造し、または取り扱う屋内作業場
  • ダイオキシン類:廃棄物焼却施設における運転、点検作業及び同施設の解体作業

主な法律・告示項目に対する分析項目

  • 作業環境測定法
  • 労働安全衛生法
  • 石綿障害予防規則

分析項目一覧


分析項目 分析法
粉じん 重量法・相対濃度
遊離けい酸 X線回折法・りん酸法
有機溶剤・特定化学物質 検知管法・吸光光度法・原子吸光光度法・ガスクロマトグラフ法
アスベスト(石綿) 位相差顕微鏡法・X線回折法 詳しくはこちら
金属類 吸光光度法・原子吸光光度法
騒音 騒音レベル検査法・周波数分析法
照度 光電池式照度計測定法
温度及び湿度 アスマン通風計測定法
放射熱 放射熱温度計測定法

室内空気

作業環境はこちら

建築物の新築時・改装時におけるホルムアルデヒドや有機溶剤などの有害物質の測定を実施しています。

調査・分析事例

  • 室内空気の汚染物質調査・測定
  • 教室内の室内空気環境測定調査
  • 室内空気中のホルムアルデヒド等についての濃度測定

主な法律・告示項目に対する分析項目

  • 建築物における衛生的環境の確保に関する法律/ビル管法

分析項目一覧

  • 室内空気中化学物質濃度の指針値(厚生労働省)
    「室内空気汚染物質調査」を主な目的とした測定[室内空気汚染に係るガイドライン]
    室内空気中化学物質の室内濃度指針値及び測定マニュアルが発表され、揮発性有機化合物13物質(後2物質追加)についての指針値が定められました。これを踏まえ国土交通省・文部科学省等は、シックハウス問題への一層の対応強化を図るため、「シックスクール対策」や「シックハウス対策」を主な目的として、基準項目の改訂を行いました。
  • 学校環境衛生基準(文部科学省)
    「シックスクール対策」を主な目的とした測定[学校保健法に基づく環境衛生検査]
    シックスクール症候群の防止対策を強化する為、文部科学省は「学校環境衛生基準」が改定され、平成14年より学校・幼稚園などの教育施設ではホルムアルデヒドとVOCの室内濃度について、教室内の室内空気環境の測定(定期測定および新築・増改築時等の臨時測定含む)を義務付けました。
  • 日本住宅性能表示基準(国土交通省)
    「シックハウス対策」を目的とした測定 [住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)]
    国土交通省は、住宅性能表示制度の「空気環境」に関する項目に、特定測定項目として室内の空気中のホルムアルデヒド等についての濃度を表示する項目を新たに追加し、検査するよう定めました。

測定方法と業務の流れ

アクティブサンプリング法(吸引方式)
室内空気をアクティブサンプリング法で採取を行い、採取した検体を弊社実験室にて定量分析致します。当社スタッフが現場へ訪問し、直接機材で測定しますので正確な測定が可能です。

お申込み 実施日設定・デザイン 当社スタッフが現地採取
弊社実験室での定量分析 報告書発行


パッシブサンプリング法(拡散方式)
機材が不要で操作が簡単な、パッシブサンプリング法で採取を行います。事前に捕集キット(捕集管等)お届けさせて頂き、ご自身で室内空気の採取後、捕集管を弊社に返送いただく方法と、当社スタッフが現場へ訪問し、同方法で採取する方法がございます。

【ケース1】
お申込み 捕集キットを送付 ご自身で現地採取 捕集キットを返送
弊社実験室での定量分析 報告書発行
【ケース2】
お申込み 実施日設定(デザイン) 当社スタッフが現地採取
弊社実験室での定量分析 報告書発行


関連する取得許認可

  • 作業環境測定機関
    静岡県労働基準局第22-26号[粉じん・有機溶剤・金属類・特定化学物質等判定]
  • 総合精度管理事業 クロスチェック
    第3回合否判定結果(社団法人日本作業環境測定協会による)
    項目 判定結果
    デザインクロスチェック
    合格
    サンプリングクロスチェック
    合格
    粉じんクロスチェック X線回折分析法
    合格
    特定化学物質クロスチェック
    合格
    金属類クロスチェック
    合格
    有機溶剤クロスチェック
    合格

主に使用する設備機器・名称

  • ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
  • ガスクロマトグラフ水素炎イオン化検出器(GC-FID)

X線回折装置

前のページへ戻る | ▲このページのトップへ