|
静環検査センター

会社概要
品質保証
リクルート
サイトマップ
プライバシーポリシー
ホーム

株式会社 静環検査センター
HOME事業内容食品検査・DNA>その他食品検査

食品検査・DNA

その他食品検査


ヒスタミン 【 食品鮮度指標 】
アミノ酸(ヒスチジン)が微生物の働きより変化したもの、赤身の魚にはヒスチジンが多く含まれる、鮮度低下により値は高くなる
K値 【 魚の鮮度指標 】
魚死後、含まれる酵素により、たんぱく質が分解して作られる物質の量を表すもの、鮮度低下により値が高くなる
一酸化炭素 【 鮮魚の違法処理指標 】
赤身の筋肉色素と結びつき、鮮やかな赤色を呈する。厚生省通知(現在の厚生労働省)にて、マグロ、ブリ等についての判断基準が示されている
酸価 【 油の精製指標または劣化指標 】
遊離脂肪酸量を測定、食用に精製された油は原油より低い、また、揚げ物などに使用すると劣化により値は上がる
過酸化物価 【 油の劣化指標 】
過酸化物量を測定、長期間の保管や、空気にさらされると劣化により値が上がる
水分活性 【 保存性指標 】
食品中の自由水の割合、値が高いと腐敗しやすいとされる

前のページへ戻る | ▲このページのトップへ