Menu

栄養成分検査

商品開発や品質管理における食品などの栄養成分の分析や、食品中に含まれる食品添加物や有害物質、飼料中の成分等の分析も実施しています。

主な分析内容

表示用基本成分

一般に販売される加工食品には食品表示基準に基づいた栄養成分表示が義務付けられています。当社では、食品表示法に基づいた試験法に則り、義務表示の栄養成分5項目(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量(ナトリウム))の測定を行っています。

  • ・【必須基本成分】 エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量(ナトリウム)
  • ・【分析納期】 5営業日内速報

表示用任意成分

食品表示基準に基づいた栄養表示には、必須項目の他にも任意で表示可能な項目があります。当社では任意表示項目として、食物繊維やビタミン類、ミネラル類、脂肪酸などの測定を行っています。

  • ・【主な任意成分】 食物繊維、糖質、ビタミン類(A、B₁、B₂、C、Eなど)、ミネラル類(カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など)、糖類(6種類)、脂肪酸(飽和、不飽和)、コレステロール など

成分・添加物

食品の味や機能性に関わる栄養成分、保存料や着色料、酸化防止剤等の食品添加物のなどの検査を行っています。

  • ・【その他食品成分】 アミノ酸類(18種類)、イノシン酸、テアニン(お茶のうま味成分)、カテキン類、カフェイン、タンニン等、コラーゲン、有機酸(6種類) など
  • ・【食品添加物】 BHA・BHT、安息香酸、パラオキシ安息香酸、ソルビン酸、サッカリン酸ナトリウム、合成色素 など

有害物質

食品中に含まれる、鉛、ヒ素、カビ毒など、人体に有害な物質の検査を行い、安全な製品を販売し、消費者の方々に安心して購入していただくお手伝いをしております。

  • ・【主な有害物質】 重金属(Pbとして)、ヒ素、鉛、カドミウム、スズ、水銀、メチル水銀、アフラトキシン、デオキシニバレノール、B(a)P など

その他成分

油脂の劣化を評価する酸価や過酸化物価、食品の保存性に関わる水分活性、魚の鮮度の指標であるヒスタミンやK値など、食品に関する様々な物質の測定を行っています。

  • ・【その他成分】酸価、過酸化物価、水分活性、K値、ヒスタミン、pH、比重 など

事業許認可

  • ・食品衛生法登録検査機関[理化学的検査及び細菌学的検査]

主に使用する設備機器・名称

  • ●高速液体クロマトグラフ(HPLC)
  • ●ガスクロマトグラフ(GC)
  • ●原子吸光光度計(AA)