Menu

環境分析

水質分析

生活環境や自然環境に影響を及ぼす水質の調査分析を行っています。対象となるのは環境水、排水等でこの中に含まれる化学物質の量を計り、その影響の度合いを知ることができます。

大気測定

大気中に排出される大気汚染物質及び有害物質の測定・調査を行っています。当社では、排出ガス測定や、大気中の有害物質調査の計画、現地での測定・調査及び報告書の作成を一貫して行っています。

騒音・振動測定

事業場から発生する騒音・振動は、規制基準値の遵守はもちろん周辺状況に応じた低減等の対応が必要です。当社は、お客様の状況に応じて工場や事業場の騒音・振動測定、報告書作成まで一貫した測定を行っています。

土壌・底質分析

生活環境に関わる土壌環境基準、農用地の成分分析、工場跡地の土壌分析、土壌汚染対策法に基づく汚染状況調査(土壌溶出・含有・地下水分析)や河川、湖沼の底質(砂、粘土等)分析を行っています。

ダイオキシン類分析

ダイオキシン類は、ガスクロマトグラフ質量分析計を用いて極微量物質の分析を行います。当社では、特定計量証明事業認定他、必要許認可を取得しており、精度の高い調査・分析に対応いたします。

肥料分析

肥料取締法に基づく肥料分析(特殊肥料・普通肥料)、有害項目の含有試験及び汚泥、コンポスト等肥料原料の有効成分分析を行っています。その他に、農用地土壌に含まれる養分分析を行い土壌評価に役立っています。

廃棄物分析

廃棄物処理施設、最終処分場に係る各種調査分析を行っております。また、産業廃棄物を処分する際に判定(特別管理産業廃棄物判定)が必要な、有害物質の分析(溶出・含有試験)も行っております。

悪臭分析

事業活動に伴い発生する悪臭については規制値が定められています。 規制対象は、特定悪臭物質(計22物質)及び臭気指数(濃度)です。 当社では物質・指数を現地で採取・測定し、改善策のアドバイスも行います。

作業環境測定

労働安全衛生法では、指定物質について作業環境測定を行う義務が課せられています。当社では専任の作業環境測定士が、現場測定ポイントのデザインからサンプリング・分析・報告まで一貫して実施しています。

放射能分析

環境(大気、水、土壌)、廃棄物(ごみ、汚泥、焼却灰)、排水(産業廃棄物処分場放流水、周辺地下水)中の放射能濃度を測定しています。また廃棄物処分場周辺の空間線量率の測定も行っております。